茶猫と白猫との生活50匹編

我が家の猫との出会いと生活
白猫を一匹飼ってましたが野良猫ちゃんの茶猫4匹との出会いが今は茶猫40匹と白猫10匹で今は50匹の猫に囲まれた生活

ガリガリ君のお話し😬(中編)

人にも色々な人生があり物語があるように猫にも色々な猫生や物語があります😃

茶猫はいくらでもいますが

ガリガリ君の猫生や物語は彼だけのものです😬

今日もガリガリ君のお話しを聞いてあげてください😊






オイラはガリガリ😼

昨日の続きのお話し聞いておくれよ😺

死神を追いかえしてからオイラ其れなりに楽しくやっていたんだ😺

いっぱい遊んで

いっぱいご飯食べて

いっぱい寝て

病院の先生っていうやつに言わせるとオイラ標準よりだいぶ小ちゃいけど元気いっぱいだったんだ😺

でもさぁ‼︎

元気いっぱいすぎて入ってはダメって言われてる

大きい子の部屋にもぐりこんだんだぁ

1番高いキャットタワーの上からカラーボックスの上にジャンプしようとしたら失敗しちゃってカラーボックスの間と間に脚が挟まっちゃったんだ😹

自分じゃあ 身動きが出来なくて

とっても痛かったよ😹

暫くしてご飯の時間にオイラのいない事に気付いたオトンとオカンが家の中を大捜索😹

やっと発見されたんだけど助けだされた時は脚がブラブラして歩く事も出来なかったんだ😹

その部屋にはキャットタワーやカラーボックス、夏の間に使わないファンヒーターなどが置いてあってオイラみたいなチビ助には危ない場所だったんだ

あんのじょうキャットタワーの真下にあるカラーボックスに挟まっちゃた訳なんだけど

それからが大変さ‼️

また病院ってやつに連れて行かれてレントゲン撮ってみたら

大腿骨の骨頭骨折

オイラこの時まだ1キロちょとしか体重なくってさ😹

手術をするにも麻酔のリスクが大きすぎるって言われたのさ😹

挟まれたショックで全身状態も悪くなってたもんだから

すぐに手術は無理だって言われて

それから一週間入院してケージレストで内科治療をして最終的には脚の付け根から断脚って話しになってたんだけど😹

うちのオカンがどうしても諦めきれなくて😹

オイラがが入院している間に脚を温存する方法とより安全な麻酔を扱っている病院を探しまくったんだぁ!

それが今 オイラが通ってる病院さ😺

オトンはセカンドオピニオンには乗り気じゃなかったんだけど・・・

うちのオカンはいいだしたら聞かないからね。

しぶしぶ遠い道のりをくっいて来たんだ😹

病院に着いて

またレントゲンなんかの検査をしたらなんとビックリ‼️

一箇所と思ってた骨折が実は二箇所

成長盤ってやつまで骨折してたんだぁ

この病院の先生が言うには骨折した骨が神経を圧迫してるから脚が温存できたとしても麻痺して動かないだろうって😹😹😹

でも手術はできる

麻酔で命を落とす事はないって言うんだぁ‼️

それを聞いたオカンは断脚より

例え麻痺して動かなくても脚を温存してほしいって‼️

それで急遽手術する事に決まったんだ

その日は先生ってやつも手術予定がいっぱいあって・・・

オイラの手術はなんと夜の10時から

12時には終わる予定って言ってたから

オトンとオカンは一回茶白家に帰ってみんなのお世話をしてからまた来ますって😹

オイラだけ病院に残されて

とっても寂しかったよ😹

また死神のやつがオイラの周りをグルグルまわるんだ😹

でもオイラこの世に産まれてまだちょっぴりしか経ってないし・・・

これからも茶白家のみんなと一緒にいたいから怖いけど頑張ったよ😺

手術が終わって麻酔ってやつの影響で朦朧としてる時に

オトンとオカンが

ガリガリ・ガリガリ君って煩く呼ぶんだ‼️

あんまり煩いからオイラ 死神にシャーって言ってやって

こっちの世界に戻って来たよ😺


それからオイラ二週間も入院したんだ😹

そりゃあ入院中は色々いっぱいあったさ😹😹😹

感染症ってやつにかかったり皮膚が壊死しかかったり

リハビリってやつをやらされたり😹

相変わらず死神のやつがチョイチョイ顔をのぞかせるんだ😹

でも毎日 オトンとオカンが病院に来て早く帰っておいでって言うからオイラ

凄く凄〜く頑張ったよ。

そして前の病院と今の病院 合計三週間もかかったけど😹

やっと茶白家に帰れたんだ😺

まぁ〜パラボナ付きなんだけどね😹

まだまだいっぱい話したりないんだけどオイラ眠くなったよ😹

この続きは明日聞いてくれるかい😺




長い長いガリガリ君のお話しにお付き合いしてくれてありがとうございます😊

ガリガリ君の退院当日の様子は8月12日のブログの

じつは・・・

で書いています

宜しければご覧ください🤣



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。