茶猫と白猫との生活50匹編

我が家の猫との出会いと生活
白猫を一匹飼ってましたが野良猫ちゃんの茶猫4匹との出会いが今は茶猫40匹と白猫10匹で今は50匹の猫に囲まれた生活

可能性

ブログを休止していたこの一週間

ある出会いがありました。

偶然なのか必然なのか・・・


現在のかかりつけの病院で

白血病の猫ちゃんとの出会いがあり飼い主さんも必死に治療を続けていましたが症状は悪化の一途をたどっているよう、白血病には現在の動物医療には特効薬などはなく対処療法をしているのが現状

最終的には輸血という手立てしかないようで、それも猫ちゃんの場合は血液型検査やクロスマッチ検査などもワンちゃんより手間がかかるようです💦


このブログを初めて間もない頃にも書いたようにうちの猫ちゃんは珍しいと言われる B型の血液を持っている子がいます。

白血病で苦しんでいる猫ちゃんも偶然にもB型でした‼️

飼い主さんも他の猫ちゃんの血液型検査をしB型の血液を探していましたが合致する血液型の子はいなかったようです。

そこで同じB型を血液型に持っている我が家の猫ちゃんにドナーの話がきました。


少量の血液を採取してのクロスマッチ検査も合格


輸血を実施することに決定しました

午前中に動物病院に預けて夕方のお迎え


我が家も猫ちゃんを亡くしたばかりでドナーとはいえ正直 心中穏やかではありませんでしたが

考えようによってはこの時期にこう言うお話しが来るということは偶然ではなく必然としか思えませんでした


亡くしてしまう命と助かる可能性のある命 出来る事は協力しよう‼️‼️‼️



夕方お迎えに行くとうちの猫ちゃんはビビリながらもピンピンしています😊

レシピエントの猫ちゃんも副反応も起こさず、輸血前のグッタリした状態から動物病院の先生を威嚇するまで回復したとの事‼️‼️‼️


勿論輸血と言う手段は治療法ではなくギリギリの命を救う手段でしかありません‼️


これからはレシピエント猫ちゃんの持っている生命力 飼い主さんの諦めない気持ち 動物病院の先生の知識・情熱・技術 色々な物を重ね合わせて戦っていってほしいです😊



そしてブログを見ていただいている皆様にお願いがあります。

もし動物病院や周りの方で輸血などのドナーを探している方がいればどうぞご協力をお願いします。


今にも消えてしまいそうな命にともしびを与えてあげてください。

重ね重ねお願いします😊



この子がドナー😊



ビビリな勇者💪

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。